あなたとともに泣き、笑うガラスがあります

西伊豆初のガラス工房ファロは、ガラス作家 五木田秀幸と淳子の工房です。

Faro di MURANO

FAROとはイタリア語で『灯台』をさします。
灯台の灯りを頼りに船がやって来るように、私達の工房にもたくさんの人が集まるように、、、。
そして、だれもがホッとできるような場所になって欲しいとの願いが込められています。

ガラスを溶かす溶解炉は、すべて五木田秀幸独りの手作りです。
鉄板を溶接し、レンガを組み、バーナーを作り、コンピューターをプログラムして、約1年半を費やして平成10年に完成させました。
そこにあるだけでうきうきするようなガラス、でもしっかりと実用に耐えて使いやすく、そしてできる限りお求めやすい価格を実現させるべく努力しています。
作品を1つ作る度に、『買って下さった方を幸せにしなさい』とガラスに話しかけ、心をこめて火と向き合って製作します。

敷地には、ミニログハウスのガラスショップがございます。
半額コーナーもございますので、掘り出し物を探しにぜひのぞいてみてください。

それから、外にはシバヤギが2頭いて、工房では猫工場長がときどき寝そべっています。

『自分で作った!』と言える吹きガラス体験

世界でたったひとつのガラス作品を作りに来ませんか?

吹きガラス体験

ファロでは、本人の意欲があれば、3歳半から吹きガラスを体験していただけます。
ちょっと吹いたら、あとは職人さんが作ってしまうような体験でなく、できる限りお客様ご自身で制作していただく内容になっております。
自分で吹いて、自分で棹を回し、口を開く、、、ちょっといびつでもそれが自分らしいのです。
逆に言うと、薄いワイングラスや、ジョッキ、別にガラスを持ってこないとできない高度な内容の作品は作れません。
だって私たちでさえ、それらができるようになったのは、就職して数年たってからのことでしたから、、、
「ただのコップ」でさえ一筋縄ではいかないことを、深くご理解いただける内容かと思います。

吹きガラス体験について

FAROのてしごと

1350度の窯の中から生まれるガラス達

五木田秀幸作品      五木田淳子作品



nudiburanch,sea slug,FAROのガラスのウミウシ ペットの足形,pet paw print hand print,赤ちゃんの手形足形 mortuarytablet,FAROのガラスのお位牌、仏具 order made,オーダーメイド wind bell,FAROのガラスの風鈴

MORE,,,

ファロへの道のり 愉快なヤギーズ ガラス工房を個人で持つまでの軌跡です

FARO MAP

詳しいことは、左の『地図バナー』をクリック!


大きな地図で見る

Contact Us

メールでのお問い合わせは、すぐにお返事することができない場合があります。お急ぎの方はお電話くださいませ。
ただし作業中は、電話を取ることができません。
午前中10時までにお電話くださいませ。

Address: 静岡県賀茂郡西伊豆町宇久須1919-1
Telephone: 0558・55・1582 
FAX: 0558・55・1582
E-mail: info@f-faro.com